Featured Video Play Icon

【ダイエットスムージー】りんご酢と夏野菜を使った最強スムージーをご紹介

腸活で−23kg腸美人ダイエット倶楽部、部長のみことです!!

このブログでは、綺麗で健康的な体作りのための腸活ダイエットに特化した情報をお伝えしています!

今日は、リンゴ酢を使ってスムージーを作っていきたいと思います!

夏野菜を使ったパッと出来て美味しくて栄養もたっぷりのレシピをご紹介します!

ミコト

それでは早速、腸美人ダイエットクッキングスタート♩

豆乳トマトのスムージーのレシピ

今日作るのは2つのスムージーです!

「豆乳トマトのスムージー」「きゅうりとパイナップルスムージー」です。

▼詳しい作り方はYoutube動画をcheck!
https://youtu.be/JEUrDw_8_yA

最初に「豆乳トマトのスムージー」を作っていきます★

材料

トマトジュース 100ml (「食塩無添加」)
無糖ヨーグルト  50ml
はちみつ    大さじ1
リンゴ酢    大さじ1
MCTオイル   お好みの量

作り方は材料を混ぜるだけです!
MCTオイルは入れすぎに注意ですよ!小さじ1くらいから初めてみてください。

このスムージーのテーマは「腸内環境を整える」です。

トマトには、ビタミンAやビタミンCが豊富なのはもちろん、抗酸化作用の強いビタミンEも、カリウムや食物繊維もしっかりと含まれています!

ヨーグルトに含まれる乳酸菌は、腸内環境を整えてくれます。

はちみつにはオリゴ糖が含まれています。 このオリゴ糖がヨーグルトに含まれる乳酸菌やビフィズス菌といった善玉菌のエサになって腸内での増殖を助ける働きがあるので、一緒に食べることで相乗効果が期待できますよ!

トマトは生でも大丈夫ですが、トマトジュースのように一度熱を加えて加工されているものの方がオススメです

トマトは加熱によって栄養価が上がり、脂肪燃焼と代謝アップをサポートしてくれます。さらに加熱や加工等の調理をすることで体に吸収されやすくなりますよ!

トマトジュースを販売しているカゴメさんによると、生のトマトとジュースなどに加工したトマトのリコピンの量を調べたところ、加工品の方がリコピンの量が多い結果が出たそうです!

もし、生で食べる場合は、大きいものよりミニトマトがオススメです。

そして、「乳製品」を使うのもポイントです!乳製品と一緒に摂るとよりリコピンが吸収されやすくなります

乳製品に含まれるカルシウムは、トマトジュースに含まれるクエン酸を一緒に摂ることで吸収率がUPします。

ヨーグルトの代わりに牛乳でも大丈夫ですよ。

最後にかけるMCTオイルですが、リコピンは油によく溶けるので、かけます。

トマトに含まれるビタミンEも脂溶性ビタミンなので油と一緒にとった方が吸収されやすくなりますよ。

MCTでなくても、他のオイルでも大丈夫です!

キュウリとパイナップルスムージーのレシピ

続いて、「キュウリとパイナップルスムージー」を作っていきます!

材料

キュウリ    半分
パイナップル 100g
お水     100ml
はちみつ   大さじ1
リンゴ酢   大さじ1
ミント    一掴み(なくても大丈夫)
レモン汁   小さじ1

このスムージーのテーマは「デトックス」です。

キュウリは95%以上水分ですが、しっかり栄養もありますよ!

キュウリは利尿作用が高い食材としても知られていますが、これは豊富な水分とカリウムが含まれているからです。

カリウムは体内の余分な塩分を尿として排出を促し、血圧を下げる効果も期待できます。

また、体内にこもった熱の排出を促す効果があるので夏にはピッタリ。夏バテの要因の1つがカリウム不足とも言われているので、キュウリはカリウムと水分補給源としても優れた食材です。健康増進、新陳代謝促進などの他、むくみの解消も期待できますよ!

そして、キュウリの皮の緑にはβカロテンが含まれています。

これは体内でビタミンAに変換され、視力維持、粘膜や皮膚や髪の健康維持をしてくれます。

また、キュウリには「シリカ」というミネラルが含まれているですが、これは、肌、爪、毛髪の老化防止や修復作用があると言われていて、シリカ水などCMなどでも見るかと思いますが、最近注目されています。

そしてパイナップルは、ビタミンA、ビタミンCが豊富で、特に多く含んでいるのがビタミンB1

ビタミンB1は新陳代謝を促し、またクエン酸も豊富なので、食欲を刺激し、消化を良くし、疲労を回復させる働きがあります。

そして、食物繊維のなかでも水に溶けない不溶性食物繊維が豊富で、りんごの約1.5倍も含んでいますよ!

また、タンパク質の消化を促す「ブロメライン」が豊富に含まれていて、胃液の分泌を活発にしてくれたり、消化を促進してくれるほか、胃腸の炎症を鎮めたり、腸内の有害物質を分解する作用などもあると言われています。

そして、この「ブロメライン」は、腸内の腐敗産物を分解するので、消化器障害による下痢や、ガス発生、臭い便などにも有効であると言われています。

注意点としては、パイナップルの「ブロメライン」やカリウムは熱に弱いので、生で食べるのがオススメです!

なので、スムージーで飲むと栄養をしっかり摂れるのでオススメですよ!

ミコト

いかがでしたでしょうか?

旬の食材は、栄養がたっぷりなので、今回は夏が旬の野菜や果物を活かしたスムージーをご紹介しました!是非作って飲んでいただけたら嬉しいです!さっぱり美味しいレシピになっているので、美味しく呑んで頂けると思います!

--------------------------------------------------------

最後までご覧いただきありがとうございます!

SNSも是非チェックしてみてください♪

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA